新着情報

和室の必要性について②


 

和室の使い道について

洋風のライフスタイルが定着し、自宅に和室がないという方も増えており、

新築住宅を建てる際にはやはり和室を作りたいけど本当に必要かどうかと悩まれる方も多いようです。

実は、和室は同じの部屋を幅広い用途に使える点が魅力なのです!

下記にて、よく見られる和室の使い方をいくつかご紹介します。

 

客間として

友人や親戚が遊びに来た時などにおもてなしをする部屋、

客間としての用途を想定して和室を作る方が多いです。

客間として使用する時、和室はお客様をもてなすためのリビングや応接室としての役割をする一方で、

布団を敷いたら寝室としても使用できます。

来客が多いご家庭では重宝するでしょう!

この使い分けは洋室には難しい点となります。

 

子どもの遊び場として

キッチンの近くに和室を確保しておくことで、

畳は温かく柔らかいので、子供達が裸足で遊ぶスペースにもぴったりですよ。

転んでしまったとしても柔らかいので怪我をしにくいのも良い点です。

特に小さいうちはリビングがフローリングの場合、ハイハイできるスペースとしても重宝します!

急な来客があった場合には、部屋が散らかっていてもふすまを閉じて見えないようにし、

お客様をリビングへ通すということも可能なのです。

 

家事スペースとして

洗濯物を畳んだりアイロンをかけたりと、ちょっとした家事をするスペースにも利用できます。

和室には押入れという大きな収納スペースもあるので、

アイロン台や荷物をすっきり収納しておくことも可能ですよ。

 

仏間として

仏壇を設置する仏間として使うのは、和室の正統派な使い方と言えるのではないでしょうか。

和の雰囲気が仏壇ともぴったりマッチします!

 

リラックススペースとして

ゴロンと横になれるのが畳の和室の魅力です。

い草の香りに包まれてゆっくりとリラックスすることができますよ。

このように、和室はいろんな使い方ができる便利なスペースなのです。

 

 

モダンな和室づくり

昔ながらの和室に少し抵抗感や不安がある方は、

現代のライフスタイルや家全体のテイストに合わせてモダンな和室をつくるのもおすすめですよ。

自分好みのものをうまく選び合わせることで、快適に過ごせる理想的な和室に近づきます♪

 

畳の色 

一般的に畳の色といえば、使用されるイグサ本来の淡い緑色が特徴かと思います。

しかし最近では黒や白、青い畳などカラーバリエーションが豊富となっており、

室内の雰囲気に合わせて畳の色を選択することもできます。

 

壁紙

壁紙はシンプルなものからおしゃれな柄ものまで、さまざまな種類のものがあります!

和室の場合、シンプルなデザインの壁紙を選択される方が多いですが、

自分の好みの壁紙を選んでみるのもおすすめです。

 

建具(たてぐ)

襖(ふすま)や障子(しょうじ)などの建具は、和室の雰囲気を決めるうえで重要な部分となります。

木部の色や襖の柄などを選ぶことで、和室の雰囲気を変えることができますよ。

 

窓・カーテン

和室に設置する窓の位置やカーテンによって、和室の雰囲気がガラッと変わります!

自分の思い描く和室にするためには、窓の位置やカーテンの色もしっかりと選びましょう。

 

天井

和室の天井といえば、

[竿縁天井](天井板の下側に竿縁と呼ばれる細い仕上げ材が取り付けられた天井)が一般的となりますが、

クロス張り天井にすることで、現代風な空間を演出することもできます。

 

照明 

洋風な照明でない限り、和室ではどのような照明でもよく合います!

照明の色味は、蛍光灯の白い光ではなく、落ち着いたオレンジ系がおすすめですよ。

 

エアコン

和室にエアコンを設置してしまうと、せっかくの和の雰囲気が壊れてしまうと嫌がる方もいるかもしれません。

そういった際には、埋め込み型のエアコンを検討してみるのはいかがでしょうか?

 

掘りごたつ

和室に掘りごたつを設置することで一気に和の雰囲気が広がり、利便性も向上します!

掘りごたつ用の座椅子を用意することで、より快適に過ごすことが可能です。

 

静岡の新築・リフォームはBLUE HOUSE株式会社にお任せ下さい。


会社名:BLUE HOUSE株式会社

住所:〒420-0839 静岡市葵区鷹匠二丁目10番3号 act92 4階B

TEL:054-205-7611

営業時間:9:00〜18:00  定休日:日曜日

対応エリア:

業務内容:新築 / リノベーション / リフォーム

2020.08.14

pagetop